憂鬱な気分を吹き飛ばせ!マスク着用時でも楽しめるポイントメイク術

連日世界各地で新型コロナウイルス感染拡大のニュースが世間を騒がせています。

さらにこの時期は花粉症もピークでどうしても毎日マスク着用、尚且つ自粛モードでどこも行けず・・・

憂鬱な気分で気が滅入ってしまいますよね。

マスクで隠れるからノーメイクでいいや!」と思わず、こんな時だからこそ目元のポイントメイクで憂鬱な気分を吹き飛ばしていきましょう!!

マスク着用でもメイクを楽しもう!

通常メイク

マスクをした時の通常メイクだとチークやリップの色味がない分、目元のナチュラルブラウンだけだとなんだか寂しいですね。

通常メイクに色やアイライン、眉毛などを変えるだけでグッと雰囲気も変わるし毎日のメイクが楽しめると思います!

カラーアイシャドウなど色ものを使う際の注意点として、自分に似合う色【パーソナルカラー】を意識しながら色を選び、似合わない色は避けるようにするだけで、メイクをもっともっと楽しめるのでこちらも是非参考にしてみてください。

【パーソナルカラー診断】自分に似合う色を見つけてメイクを楽しもう!

アイラインで変化を

毎日何気なく描いているアイライン。

ちょっとした工夫を通常メイクにプラスするだけで簡単に雰囲気が変を変えることができます。

お仕事上派手なアイシャドウなどができない方にはアイラインでのポイントメイクで変化をつけることをオススメします。

キャットライン

リキッドライナーでキャットラインを①②③のように描いていくと失敗しないのでオススメな描き方です。

キャットラインは名前の通り、猫の目元の模様をイメージして名付けられたものです。

猫目を真似てアイラインを引いてみてください。

カラーライナー

カラーライナーはアイライナーそのものもありますが、アイシャドウで代用することもあります。

好きな色を使って通常メイクに色を足しましょう。

ちなみにアイラインの引き方として2パターンあります。

  1. 目頭から目尻までカラーアイライナーを引く
  2. 目頭から中央〜黒目の外側まで黒いアイライナーで引き、目尻にカラーアイライナーを引く

アイシャドウで変化を

次にアイシャドウの色味で目元の変化をしていきましょう!

今回は色別に4パターンをご紹介しますが、色が変わってもやり方は一緒なので、いろいろな色で試してみてください。

ピンク系

  1. まず二重幅にパレット①のようなゴールドやベージュのアイシャドウを塗りましょう。赤系やピンク系をベースでそのまま塗ってしまうと腫れぼったい目元になるので、まずはベースの色でワンクッションおきます。
  2. さらにベースの色が消えない程度にパレット②の赤やピンクを塗ります。
  3. 目元を引き締めるために③のような濃い赤や茶色を目尻に塗ります。
  4. アイラインやマスカラを塗って完成。

ブルー系

  1. ブルーも同様に全部ブルーを塗ってしまうと派手になりすぎるのでまずはベージュやゴールドをベースに塗ります。
  2. 次に二重まぶたの幅にパレットの③のような濃いめのブルーを塗ります。
  3. ブルーの印象がきつくならないようにまぶたの中央部にパレットの②のような淡いブルーを塗り、ぼかしながら全体を整えます。そうすることで目元が大きく見えます。
  4. 目の下にブルーを塗る場合もありますが、範囲が広すぎると疲れた印象にみられがちなので、初心者さんやブルーのメイクをあまりしない方は目の下には茶色を塗るといいでしょう。

グリーン系

  1. まずベースのゴールドを目尻から中央にめがけて塗っていきましょう!全部塗ってしまうと次に塗るグリーンが濁ってしまうので気をつけましょう。
  2. 続いてグリーンを目頭から中央にめがけて塗っていきます。このとき、先ほどのゴールドとグリーンが重なる箇所がでてくるのでアイシャドウブラシでぼかしていきます。
  3. 目頭には濃い目のグリーン・目尻には濃い目のブラウンを塗って陰影をつけましょう!そうすることで目を開いた時にくっきり見えます。

イエロー系

  1. まず薄めのオレンジを目尻に塗ります。
  2. 次に黄色を目頭に塗りぼかしていきましょう。黄色は発色が薄く見えがちなので淡くしたい場合は一度塗りで問題ないですが、ビビッドのような濃いめの黄色にする場合は何度か塗るのがオススメです。
  3. さらに濃いめのオレンジを目尻にたして、陰影をつけましょう。
  4. 最後はアイラインやマスカラを塗って完成です。

眉毛で変化を

眉毛の形でもまた印象がかわってくるので眉の形を変えるのもオススメです。

今回は簡単に印象を変えれる2パターンをご紹介します。

眉毛は流行りで毎回変わっていくパーツなのでその時その時の流行りをチェックして真似て描いていくのもオススメです。

形や太さなども意識して描いてみましょう。

並行眉

並行眉は太さでも印象が変わるのでいろいろ試してみてください。

描き方

  1. 眉頭から色をのせていく。
  2. アイブロウペンシルで並行眉のベースとなる線を引く。上が短く下を長く描くイメージ。
  3. 長く引いた下のラインめがけて、斜めに描き下ろすと並行眉の特徴である尖った眉になる。
  4. ふちどりが完成したらアイブロウパウダーで間を埋めれば完成。

アーチ眉

描き方

  1. 眉頭から色をのせていく。
  2. 眉の上中心からアイブロウペンシルでアーチを描くように線を引く。
  3. さらに眉の下中心から眉尻にめがけて線を引く。注意点としては、アーチ眉の特徴である目尻のシャープな線が太くならないように気をつけて引く。
  4. ふちどりが完成したらアイブロウパウダーで間を埋めれば完成。

まとめ

マスク着用だと見えてる範囲が少ない分、アイラインの形や眉毛の形、アイシャドウで印象を変えれるメイクはすごいですね!

メイク好きな方もメイク初心者な方もこの機にいろいろなメイクに挑戦してみましょう!

新たな自分を発見できるのではないでしょうか。

そしてこの憂鬱な気分を吹き飛ばしていきましょう!