話題のV3ファンデーション取り扱ってます!

【パーソナルカラー診断】自分に似合う色を見つけてメイクを楽しもう!

普段メイクをしてて、「何か違うな、、、??」「この色味は自分に合っているの??」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

これはメイクだけでなく、ファッションや髪型も一緒です。似合っていない色でメイクをしたり、似合っていないファッションや髪型でお出かけしてもしっくりきませんよね?

そこで今回は自分に似合う色の見つけ方をご紹介していきます。

自分の似合う色=パーソナルカラー

私たちには生まれもった自分の似合うカラーがあり、これをパーソナルカラーといいます。

その人の生まれ持った色(肌・髪・瞳・頬・唇など)と雰囲気が調和された色(=似合う色)がパーソナルカラーです。

パーソナルカラーを知ることで、自分の魅力を最大限に演出できます!

人それぞれ個性が違うように、似合う色もそれぞれ違います。

似合う色を見つける診断のことを【パーソナルカラー診断】といいます。

自分の生まれ持った色について知ることで、自分に似合うメイクやファッション、髪型を知ることができます!

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【パーソナルカラー】自分に似合う色でもっと素敵に!

実は中央の唇の色はどちらも同じ色です。

左右の唇の色を見比べてみると、BはAの唇の色よりも一段暗く、くすんだように見えます。

このように、色は周りにある色に影響されて本来の色とは異なった見え方をします。これを対比現象といいます。同じ色のリップをつけても、肌の色によって色味が違って見えるのも対比現象の影響です。

パーソナルカラーはこの対比現象を応用したものです。

自分に似合う色の選び方

同じ色でも、『この人はこの色が似合うのにどうしてわたしは似合わないの??』と思ったことはありませんか?

実は同じものを使っていても全然似合わないことがあります。それは人それぞれもっているベースカラーが違うからです。

日本人は大まかに言うとイエローベースとブルーベースの色に分かれています。

イエローベース

イエローベースの方は、暖色系の暖かみのある色が似合います。

イエローベースの特徴

  • 手のひらが黄色っぽい
  • 日焼けするとすぐに黒くなる
  • すっぴんの肌に血色感がない
  • アクセサリーはシルバーよりゴールドが似合う

といったようなものがあげられます。個人差はありますのでこの中で3つ以上当てはまったら、イエローベースの可能性は高いです。

イエローベースは日本人を含むアジア人に多い肌色と言われています。

そんなイエローベースには実はさらに2タイプに分けることが出来ます。

肌の色には春夏秋冬でわけられ、イエローベースはその中でも「スプリングタイプ(春)」、「オータムタイプ(秋)」に属しています。

イエローベースさんが似合う赤系の色

ブルーベース

ブルーベースの方は、寒色系の色が似合います。

ブルーベースの特徴

  • 黒目の色や髪の毛の地毛は、茶色よりも黒に近い
  • 日焼けをすると赤くなりやすい
  • 似合う服の色は、モノトーンやグレー系が多い
  • アクセサリーはゴールドよりもシルバーが似合う

3つ以上当てはまる方は、ブルーベースの可能性が高いです。ただし、一部の方で黄色みの強い肌色の方もいるので、トータルの色味で判断していきましょう。

そしてブルーベースもイエローベース同様に2タイプに分かれています。「サマータイプ(夏)」、「ウォータムタイプ(冬)」に属しています。

ブルーベースさんが似合う赤系の色

上の画像のように、同じ赤系の色でもイエローベース・ブルーベースによって似合う色が異なってきます。

なので、自分が似合う色を見つける前にまず、自分のパーソナルカラーを診断してみましょう!

あなたはどっち??パーソナルカラー簡単診断

『自分には赤は似合わない!』と思っていても、実は似合う赤があるんです!!

赤といっても1種類だけでなくたくさんの種類の赤があります。そしてほかの色も似合う色・似合わない色があります。

まずは自分の本来もつベースカラーを診断してみましょう!

チェックする場所

直射日光の当たらない昼間の自然の光の中で確認しましょう。

蛍光灯や薄暗いところだとお肌の色が青白く見えることや、白熱灯の下だと赤みがかって見えることもあり、本来のベースカラーを正しく判断することができないので、注意しましょう。

さっそくチェックしていきましょう!

Q1.手のひらは何色?

A.黄みがかったピンク〜オレンジ色

B.青みがかったピンク〜赤紫色

Q2.腕の内側は何色??

A.黄〜オレンジっぽい肌色

B.青〜赤紫っぽい肌色

Q3.瞳の色は何色??(※カラコンは外しましょう)

A.茶色や薄茶色・黄色みっぽい茶色

B.こげ茶や黒色・赤っぽい茶色

診断結果

Aが多かった人はイエローベース

Bが多かった人はブルーベース

パーソナルカラーの4タイプの特徴

先ほどお伝えはしましたがイエローベースとブルーベースには春夏秋冬の4タイプにわけることができ、それぞれ似合う色が異なるので詳しくみていきましょう。

  • スプリング(春)
  • サマー(夏)
  • オータム(秋)
  • ウィンター(冬)

スプリングタイプ(春)・オータムタイプ(秋)の方は黄色みがかった色が似合うイエローベース、サマータイプ(夏)・ウィンタータイプ(冬)の方は青みがかった色が似合うブルーベースです。

見分け方としてはタイプ別の色味が自分に合うか合わないかをみてみましょう!

例えば、ブルーベースだからと言って、サマータイプの色・ウィンタータイプの色の両方が似合うとは限りません。

可愛い雰囲気の方やカッコいい・知的な雰囲気の方、様々なタイプの方がいらっしゃるので、自分にはどのタイプの色が当てはまるかチェックしていきましょう!

スプリングタイプ(イエローベース)

春のお花畑を思わせる、明るくクリアな色が似合います。

スプリングタイプの方は、可愛らしい雰囲気で実年齢より若く見える人が多いのが特徴です。

スプリングタイプに似合う色

コーラルピンクや明るいオレンジ・黄色・黄緑など

スプリングタイプに似合うメイクの色

明るい髪色と透明感を活かした健康的なメイクに仕上げましょう。

アイシャドウのカラーバリエーションが多く、色を楽しめるのがスプリングタイプの方の特徴です。

【ファンデーション】

明るい暖かみのかるアイボリーやライトウォームベージュで健康的な肌色にしていきましょう。

【チーク】

クリアサーモン、コーラルピンク、ライトオレンジなどを頬に合わせると肌が生き生きとして見えます。

【アイシャドウ】

オレンジ系・グリーン系・ブラウン系などのクリアな明るさのある色が似合います。濁った色は肌がくすんで見えてしまうので混色しないことをオススメします。

【リップ】

クリアサーモン、コーラルピンクで可愛らしさや、若々しさを表現できます。青みの強いピンクは口元が寂しくみえます。

オータムタイプ(イエローベース)

秋の紅葉をイメージさせる、深みのある色やスモーキーな色が似合います。

オータムタイプの方は知的で大人っぽい雰囲気の方が多いのが特徴です。

オータムタイプに似合う色

カーキ、テラコッタ、レンガ色、マスタードなど

オータムタイプの方に似合うメイクの色

ダークな色で知的な大人っぽい雰囲気をで落ち着いたイメージを演出できます。

【ファンデーション】

肌の色に合わせてオイスターホワイトやウォームベージュなどの黄色みの強いベージュ系の色を選びましょう。

【チーク】

頬に色味が少ないので、サーモンピンクやダークトマトレッドで華やかさを演出できます。色だけでみると濃いですがハイライトなどでぼかすと、より良いでしょう。

【アイシャドウ】

深みのあるブラウンやモスグリーンやオリーブグリーンもよいでしょう。

【リップ】

黄色みを含んだ赤い唇なのでダークトマトレッドやラスト、オレンジレッドがオススメです。青や紫などは肌がくすんで見えるので避けましょう。

サマータイプ(ブルーベース)

初夏を思わせる、淡いブルーが入った明るい色や、グレイッシュな色が似合います。

サマータイプの方は、爽やかな中にも、上品でエレガントな印象の方が多いが特徴です。

サマータイプに似合う色

ベビーピンクやパステル系のイエローやスカイブルー、ライラックなど

サマータイプに似合うメイクの色

柔らかい印象のサマータイプの方は、穏やかで優しい印象を演出する色味を使用していきましょう。

【ファンデーション】

肌の色に合わせて、黄色味の少ないローズベージュを選びましょう。

【チーク】

青みがかったピンクの頬をしているので、モーブ系やローズピンクが頬の色を引き立ててくれます。

【アイシャドウ】

ソフトな印象を壊さないような優しいブルー系やパープル系のグラデーションが似合います。

【リップ】

唇の色がローズやピンクの人が多いので、頬の赤みに合わせて選びましょう。モーブ系の色やローズピンクなどがオススメです。

ウィンタータイプ(ブルーベース)

冬の澄んだ空気に映える、はっきりとした色や暗い色が似合います。

ウィンタータイプの方は、クールでシャープな雰囲気で独特な存在感を持つ方が多いのが特徴です。

ウィンタータイプに似合う色

鮮やかな赤・青、レモンイエロー、深緑、ワインレッド、モノトーンなど

ウィンタータイプに似合うメイクの色

大胆な色使いのメイクでも、個性的なメイクを楽しめます。

【ファンデーション】

肌の色に合わせて、黄色みの少ないローズベージュやブルーベージュがオススメ。

【チーク】

ピンクはもちろん、ブルーレッドやブライトバーガンディで大人っぽく演出することもできます。

【アイシャドウ】

グレーやブルーなどで引き締めるようにするとシャープな印象になります。

【リップ】

唇に濃い色味があるのでその色に合わせると鮮やかな色も自然な感じになります。

まとめ

自分が何ベースなのか、何色が似合うのか?少しは参考になったでしょうか??

メイク初心者の方や色使いがわからなかった方は自分に似合った色でかわいくメイクをしていきましょう!

ファンデーションやアイシャドウ、リップなどの色味に気をつけて明日からのメイクを楽しんでくださいね!