【美容師が伝えたい】サロントリートメントと市販のトリートメントの違い徹底解説

皆さんトリートメントはどんな物を使ってますか?

市販のトリートメントとサロントリートメント(美容室で施術するトリートメント)ってなにが違うの?と思う方もいらっしゃると思います。

今回はその違いをプロの視点でご説明させていただきますので、是非参考にしてください。

なぜ毛髪はダメージを受けてしてしまうのか

何度か当店の記事でも上がっている内容のおさらいにはなりますが、毛髪が受けるダメージについてご説明します。

①熱によるダメージ

ドライヤーを必要以上にかけすぎてオーバードライ状態になってしまうケース。

美容器具(アイロン、コテ)などでの高熱によるダメージ。(ちなみに180度で10秒以上加熱すると髪のタンパク質は変質してしまいます)睡眠時の枕との摩擦熱。

②カラー剤・パーマ剤などの薬剤によるダメージ

カラーやパーマは薬剤の力で毛髪に対して、強制的な変化を与えてくれます。そのためダメージを受けてしまいます。

ですが、最近は薬剤も進化しています。低ダメージでカラー・パーマができる商品が増えていますが、ダメージがゼロというわけではないのです。

繰り返しカラー・パーマをされてる方はその分のケアが必要ですね。

③外に出ている時の紫外線

毛髪の主な成分である、タンパク質が紫外線によって壊されていきます。

このように様々な要因があります。ですが、このダメージはある程度は仕方がない事です。

そのため生活リズム、生活習慣、毛髪環境に合わせてのトリートメントをする必要があります。

市販のトリートメントのメリット・デメリット

まずは市販のトリートメントのメリット・デメリットをご紹介します。

デメリット

市販のトリートメントは髪の表面だけを、コーティングしていくだけなので1日程度しか持ちません。

表面的にはコーティングされていたとしても、髪内部までの浸透力はないので、毛髪環境としては良い状態とはいえないかも知れないですね。

市販の洗い流さないトリートメントなどもありますが、それでも表面的になってしまうので不十分です。

メリット

安い、自分のペースでできる、あまり時間がかからない、匂いの種類が多い、などです。

サロントリートメントのメリット・デメリット

続いてサロントリートメントのメリット・デメリットをご説明します。

※お店によって扱う商品は異なります。今回説明させていただくのは当店の商品【oggiotto(オッジィオット)トリートメント】です。

デメリット

デメリットはやはり価格です。

例えば、当店のトリートメントは、180gで3500円です。

使い切るのに2ヶ月かかると考えて1日あたり約58円となります。これを安いと考えるか高いと考えるかは価値観は人それぞれですが…

メリット

私たち美容師は髪のプロです。私たちはお客様の髪の状態を判断し、カウンセリングをして、どんな工程で施術していくか、どんな時間でやっていくかを決めていきます。

「どんな生活リズムなのか、普段のスタイリングはどんな風にしているのか、お客様がなにがお悩みなのか、どんなスタイルに将来はなっていきたいか、お客様がなりたいスタイルのベースを作る」

お客様のなりたいスタイルのベースを作れるのがサロントリートメントのメリットです。

まとめ

このように違いは大きいものになります。

さらに当店は、各都道府県の美容室に対して1%の店舗でしか使用されていない、高価値の商品【oggiotto(オッジィオット)トリートメント】を使用しています。

そのため、他のサロンでは味わえない、【質感】【艶】【潤い】を手に入れる事ができます。

他のサロンとは違います!

自分のスタイルはどうなりたいのか!自分の髪質、お悩みはどの部分に当てはまるか、どうなりたいかを是非エルパライソでご相談ください!

エルパライソはお客様の本質的に髪質を改善してくれる唯一のお店です!