話題のV3ファンデーション取り扱ってます!

髪を乾かさないのは絶対NG!乾かすポイントも教えます♪

サロンワーク中、お客様とお話ししていても、よーく出る話!!

髪乾かさないのって良くないんですか?

いつも半乾きで寝てるんですけどだめですか?

髪長くて時間かかるから、しばらく放置して乾いてからドライヤーで乾かしてます。

などといった、アウトバス後のドライヤー話。

美容師さんからは「必ず髪はちきんと乾かしてくださいね!」と言われると思うんです。

でも皆さん実際、、、

髪長いしドライヤー持ってるの疲れるなぁ。

夏だと暑いし汗かくから放置しちゃう。

ドライヤー使わなくても短いし自然に乾くからいいや。

朝ヘアセットするし、いっか。

と思っている方、多いのではないでしょうか。

そこで今回はなぜ髪を乾かさないと良くないのか、髪を乾かさないことの髪や頭皮へのデメリット、危険性を解説します!

髪を乾かさないことでのデメリット、危険性

手を洗った後、タオルで拭いてハンドクリームで保湿する。

洗顔後にタオルで拭いてスキンケアする。

これと同じで、髪や頭皮も濡れたらタオルドライしてきちんと乾かしましょう!

肌と同じで髪も乾燥する

髪や頭皮は、濡れたまま放置していると水分が蒸発し乾燥していきます。

濡れたままで放っておくと、髪のキューティクルが開いた状態になり、水分がどんどん蒸発していきます。

すると、髪が乾燥してしまい、“パサパサ”になったり、枝毛や切れ毛になりやすいのです。

洗顔後にスキンケアをするのと、お風呂後に髪を乾かすのは同じぐらい重要なのです!

濡れた髪への摩擦は天敵

濡れた髪は非常にデリケートで、特に傷みやすい状態です。

濡れた髪を無理にクシでガシガシとかしたり、タオルで必要以上にこすったりするのはNGです!

“濡れた状態=キューティクルが開いている”

開いたキューティクル同士は、こすれることで剥がれやすくなります。

雑菌の繁殖で薄毛や抜け毛の原因に

雑菌は湿り気のあるところや、あたたかいところを好みます。まさにドライヤーで、ある程度乾かして湿り気のある頭の環境は雑菌が繁殖するには最適です。

どんなにいい香りのシャンプーやトリートメントを使っても、きちんと乾かさないと嫌なにおいの原因になります。

男性の方も女性よりも髪が短いからと言って、半乾きの状態で寝てしまうと、枕で髪がこすれ、それが間接的に薄毛に繋がることも考えられます。

カラーの色もちが悪くなる

カラーの染料はキューティクルの内部に染まります。

キューティクルが開いた状態のままだと、染料が流れやすい状態です。

少しでも色もちをしたいのであれば、しっかり乾かし、キューティクルを閉じたあげることが大切です!

乾かすことで髪に起こるメカニズム

髪の毛はかっぱ巻きで例えると、海苔(キューティクル)→米(コルテックス)→きゅうり(メデュラ)という構造になっています。

先程も少し話しましたが、濡れている髪はキューティクルが開いた状態です。

コルテックスの成分が水分と共に開いたキューティクルから外に蒸発してしまいます。

コルテックスは、髪のハリコシ、カラーすると染まる部分です。その部分の成分が逃げていってしまうと空洞になりスカスカの状態になります。

それが切れ毛、枝毛の原因につながります。

せっかくカラーしても、すぐに色落ちしてしまうのはキューティクルが開いた状態で、そこからカラーの染料が流れ出てしまうからなのです。

乾かすポイント

美髪への近道は、毎日の習慣の積み重ねです!

ドライヤーできちんと正しく乾かせていればキューティクルもきちんと閉じて、髪のハリコシ、ツヤ、カラーも保てます。

髪の長い人はもちろん、少しでも早く乾かしたい!と思いますよね!

そんな方に、乾かし方のポイントをご紹介します!

①タオルドライでしっかり水気をとる

タオルドライでしっかり水気をとっておくと、そのあとドライヤーを当てる時間が短縮できます。

このとき、地肌をタオルで抑え、髪の水分をタオルに含ませるように、優しく摩擦を与えないようにしましょう!

②粗目のクシで梳く

細い髪ほど絡まりやすいため、きちんと粗目のクシで優しく梳かしましょう。

絡まりが多い人は、小分けして毛先から梳かすのがオススメです!

③根本からドライヤーで乾かす

1番乾きにくい根本のほうから乾かしましょう。

そうすることで、根本だけ湿っているとか、乾かし残し防止ができます。

表面の髪や毛先の乾かしすぎ防止にもなります!

④冷風を当てる

乾いたら冷風を当てて熱を冷ましてあげると、キューティクルが閉まり、ツヤがでます。

これをすることで、寝癖もつきづらくなりますよ!

ちなみに、上斜め45°の角度で風を当てるとキューティクルが整いやすくなりますよ!

まとめ

毎日のドライヤーも、歯磨きと同じで、習慣付けてしまえば大丈夫です!

お金をかけずに美髪になりたいのなら、まずは日々のお風呂上がりのドライヤーから見直してみましょう!

良くも悪くも毎日の積み重ねで、続けていれば髪は必ず変わります!

ぜひ今日から実践してみましょう!