話題のV3ファンデーション取り扱ってます!

ファッションに疎い男子必見!美容師がお洒落になるコツを教えます!

みなさんはお洒落に興味はありますか?

僕は最近お洒落に気をつけるようになりました。

昔はパジャマで学校で行ったり体操服やジャージで遊びにいったりしてましたが最近はお洒落に気を使い初めて服を買って着るようになりました。

着れればなんでもいい…

洋服が高いと思ってしまう…

という考えがあったから興味がなかったです。

では、なぜ最近興味を持ったかと言いますと、職業柄お洒落の方がいいと思うのもありますが、アーティストや友達とかがお洒落だと、かっこいいなーって思ってきたからです。

お洒落になろうと思った人が最初に考えがちなのが、「高い服でそろえればお洒落に見える」です。

これは全くの間違いです!

お洒落になるには値段ではなく、どうコーディネートするかが大事です!

色彩バランス

色は大きく分けて、無彩色(モノトーン)と有彩色の2つに分けられます。

この2つを以下の3つのパターンで使うことがポイントです。

①全てモノトーン

白と黒だけを使ったモノトーンコーディネートです。

シンプルですが、色のバラつきがなくキレイにまとまっています。

シルエットはIラインになります。

Iラインはトップスもボトムスも上下細いシルエットのことです。

スーツと同様スラリと長く見え、大人っぽい印象を与えてくれるシルエットです。

痩せ型の人にお勧めです。


引用:「骨格診断×パーソナルカラー 賢い服選び」 著 二神弓子

②モノトーンと有彩色1つ

白と黒の組み合わせに有彩色を取り入れます。

有彩色が加わることで印象が結構変わります。

色次第では個性が生まれたり、こなれ感を出すことができます。


引用:「骨格診断×パーソナルカラー 賢い服選び」 著 二神弓子

③モノトーンと有彩色2つ

②と比べて少し難易度は上がりますが、オシャレ度も上がって見えます。

しかし有彩色2つとなると、色のバラつきも起きやすいので注意が必要です。


引用:「骨格診断×パーソナルカラー 賢い服選び」 著 二神弓子

お洒落に見える4つの条件

つぎに、僕が思うお洒落に見える4つの条件を紹介していきます。

①自分の弱点をみつけること

足に自信がないならジーパンを履かずにワイドパンツを履くなどの工夫をする。

② 色彩バランスを身につける

自分の直感を信じられないなら、色彩理論の基本を理解して、それをもとに正しい色を選んでみてみましょう。

③ 内面から自信を出す

いくら、誰から見てもカンペキなファッションをしていても、“自信”が見えない人はお洒落に見えません。

服装はもちろん大事ですが、一番大事なのは、自分自身を好きになることです。

④ なりたい服装に合った体型になること

少しぽっちゃりの方はピチッとした服を着るとだらしなく見えてしまうので、着たいのであれば痩せる必要があります。

男性がおしゃれに失敗しがちなパターン

これから、男性がいざお洒落するにあたって失敗しがちなことを紹介していきます。

男性はいくつになっても女性からの視線は気になるものです。

自分に似合う服というのは、意外と自分ではわからないものです。

なので友人と一緒に買いに行くのがおすすめです。

そして、似合うからといって、何年も前に買ったお気に入りのジャケットやパンツを使い続けるのには注意しましょう!

なぜなら、あまり服を持ってないように思われるからです。

身の丈に合わないような高価なブランドアイテムを買い揃えるのもやめましょう。

有名ブランドなら安心と思ってオシャレになったつもりになりますが、場合によっては周りから痛い目で見られることもありますので注意しましょう。

服に着られているとお洒落とは言えません。

自分に合った服を見つけ、着こなすことが大切です。

こちらの過去記事も参考にしてみてください。

女性向けに書かれたものではありますが、男性にも当てはまる部分がたくさんありますので参考にしてみてください。

骨格診断とパーソナルカラーで自分に合った服選びを!

まとめ

これらを気をつけてお洒落になっていくと、周りからもお洒落になったねとかお洒落だねとか言われたりする時もあるので嬉しい気持ちになります。

ですが、いままでお洒落に興味がなかった僕がお洒落になっていいことしかないと思ってたのですが、そんなことはなく悪いことも1つあります。

いままで服を買わなくて、最近買ってばっかりいるのでお金の減りがすごく早くなりました。

金欠になりやすくなりました。

ですが、今はそれも自分がカッコよくなれるならいいと思うようになってしました。

これから僕もみんなもかっこよくなっていきましょう。