ヘアカラーや白髪染めのアレルギーの症状や対策は?【ジアミンアレルギー】

髪を染めている時に痛みや痒みを感じたことはありませんか?

実は、その症状はヘアカラー剤によるアレルギーが原因だったんです!

今まで感じたことのない方もこれから症状がでないとは限りませんので決して他人事ではありません!

ヘアカラー剤には「アルカリアレルギー」と「ジアミンアレルギー」の2種類があります。

特に「ジアミンアレルギー」は危険なアレルギーです。

今回は「アルカリアレルギー」と「ジアミンアレルギー」がなぜ起きてしまうのか、症状・対処法についてご説明していきます!

アルカリアレルギー

原因

一般的なヘアカラー剤は永久染毛剤といい1液の『酸化染料(ジアミン等)』と『アルカリ剤(アンモニア、モノエタノールアミン等)』に2液の酸化剤を混ぜることで髪を脱色、発色させます。

アルカリアレルギーはこのヘアカラー剤の中のアルカリ剤により引き起こされます。

症状

アルカリアレルギーは早めに症状がでてきます。

ヘアカラー剤を塗っている最中から痛いと感じたり、ピリピリするなど刺激を感じる場合が殆どです。

対処法

ヘアマニキュアなどの酸性染料に切り替えるとよいでしょう!

もしくは、保護クリームや頭皮用オイルスプレーを使用することで、ある程度防ぐことができます。

それでも症状が出る人は「ゼロテク」という頭皮には一切つけずに、根元から染める方法もあります!

ゼロテクは頭皮に直接付かないように、根元ギリギリから櫛の歯と歯の間に薬をためて染めていきます。

ですので、自分で染める場合は非常に難しい技術です。また、市販のヘアカラー剤には誰でも確実に染めることができるようアルカリ量が非常に多くなっています。

アルカリ量が多いとアレルギー反応が出やすいだけでなく、髪のダメージにも繋がります。

なので、なるべく美容室でカラーリングをしてもらいましょう!

ジアミンアレルギー

原因

ヘアカラー剤の中には『パラフェニレンジアミン』、『フェニレンジアミン』、『メタフェニレンジアミン』など、色々なジアミンが含まれています。

ジアミンアレルギーはこの様な、カラー剤の中に含まれているジアミンという成分が原因で起こります。

ジアミンアレルギーは誰にでも起きる可能性があります。

花粉症の発症説のようにその人の許容量を超えるとアレルギー反応がおき、その後ずっとヘアカラーをする度に反応が起きるようになるといわれています。

ジアミンアレルギーはアルカリアレルギーと比べ、より症状が酷くなる可能性があり危険です。

有名人でも、中居正広さんがジアミンアレルギーを発症しています。

中居さんは、もともとジアミンアレルギーだった為、一般的なカラー剤は使用せずにヘアマニキュアなどで髪色を変えていたそうです。

しかし、それを知らなかったヘアメイクさんがジアミン入りのヘアカラー剤を使ってしまったところ、中居さんの頭や顔がパンパンに腫れてしまったそうです。

症状

ジアミンアレルギーはヘアカラー中や直後に症状がでるのではなく半日から数日たってから症状が発症します。

初期症状としては「頭皮や首のかゆみ」「かぶれ」「炎症」などがあります。

重度の方だと「首や顔、唇などの腫れ」「食欲不振」「接触性皮膚炎や結膜炎」

「発がん性」などがあります。

症状が出たのに我慢して使い続けるとヘアカラーの最中や直後にアナフィラキシーショックが突然起こることもあります。

アナフィラキシーショックは呼吸困難、血圧低下、意識障害、全身蕁麻疹などの症状が起き非常に危険です。

死に至る事もあるものですので無理な使用は絶対に止めましょう!


出展:http://fujita-hu.ac.jp/~allergy/qanda5/

対処法

ジアミンアレルギーが発症すると一般的に使われているヘアカラー剤(酸化染料)によるカラーはできなくなります。

ただし、ブリーチやヘアマニキュアにはジアミンが入っていないので、白髪染めにはヘアマニキュアを使ったり、明るくしたい方はブリーチで一度色を抜いてヘアマニキュア等で色を入れるなどの方法で染めることも可能です!

ジアミンアレルギーを起こさない為にも症状が出る前から、過度なヘアカラーを避けたり頭皮に直接カラー剤が付かないようにゼロテクで染めるなどの事前の対策が必要です!

まとめ

今回はヘアカラー剤のアレルギーについてお話しました。

症状が発症してしまっている方は今のヘアカラー剤の使用を避け、他の方法に変更する必要があります。

発症していない方は過度におそれる必要はありませんが、ヘアカラーの際にはゼロテクで染める、異常がでたらすぐに辞めるなど意識を変え、予防や早めの対策をしてこれからもヘアカラーを楽しみましょう!