【正社員採用】Elparaisoで働きませんか♪

髪質改善ってどれがいいの?種類と効果を解説します!

エルパライソでは髪質改善をオススメしています。

最近はテレビなどでも話題の髪質改善ですが、今は色々なサロンで髪質改善をやっています。

一言で髪質改善と言っても色々な方法で施術しています。

髪質やダメージに合わせたメニューを選ばなければ、せっかく髪質改善したのに逆にダメージしてしまったという状況になりかねません。

ですので今回は、オススメの髪質改善や種類について解説していきます!

髪質改善の種類

髪質改善は大きく分けて、

  • 縮毛矯正(コスメトリートメント)
  • コーティングトリートメント
  • 酸熱トリートメント
  • 酸性ストレート
  • ケラチントリートメント

の5種類があります。

エルパライソでは主に【ケラチントリートメント】【酸性ストレートでの髪質改善】を行っています。

縮毛矯正による髪質改善

こちらは縮毛矯正を髪質改善と呼んでいるというパターンです。

今までの縮毛矯正とは変わらず、薬剤ダメージや熱ダメージがあります。

コスメトリートメントなどもこの分類に入り、縮毛矯正より少しパワーの弱い薬剤を使用していますが、ほとんど同じです。

癖やひどい広がりを抑えるのには向いていますが、髪質改善としてはオススメできません。

コーティングトリートメントによる髪質改善

こちらは昔からある美容室でのトリートメントです。

単純な工程で順番にコーティングしていく事により表面に膜ができキレイに見えます。

しかし、コーティングをしているだけなので髪内部の根本的な改善はされていないので髪質が良くなることはありません。

また、持ちもあまり良くありません。

酸熱トリートメントによる髪質改善

最近話題になったトリートメントが酸熱トリートメントによる髪質改善です。

今も多くのサロンで髪質改善に使用されています。

従来のトリートメントにグリオキシル酸という還元剤が配合されており、トリートメント同士を繋ぎ合わせ持ちを良くしています。

アイロンも使用するので弱い癖も伸ばすことが可能です。

また酸によりキューティクルを閉じるので表面が整ってキレイに見えます。

しかし、還元剤やアイロンを使用することによりダメージも受けてしまいます。

持ちは1ヶ月ほどで、繰り返し施術することによりドンドン髪にダメージが蓄積されてボロボロになる場合もあります。

痛みや癖を根本的に解決するのではなく、ダメージをキューティクルを閉じてビニールの様な膜を作り、隠しているイメージです。

施術する美容師により大きく違いが出る技術です。

酸性ストレートによる髪質改善

酸性ストレートはエルパライソでも行っている髪質改善の1つです。

髪は弱酸性が等電帯です。

弱酸性の髪にアルカリ性の薬剤をつけるとダメージに繋がります。

酸性ストレートは酸性剤を用いてストレートをかけることにより薬剤ダメージを極限まで減らしているので、ほとんどダメージはありません。

しかし、アイロンを使用することにより多少のダメージはあります。

トリートメントだけでもキレイになる方には必要ありませんが、癖や広がりゴワつきなどが出る方にはオススメです。

ダメージがほとんどなく、癖や表面の凸凹を矯正できるので、地毛よりもキレイな状態に作り変えることが可能です!

持ちも一度するだけで、半永久的に続くので地毛よりも更にキレイにしたい人にはオススメです!

詳しくはこちらの記事から!

酸性ストレートとは?縮毛矯正との違いやメリットデメリットをお伝えします!

ケラチントリートメントによる髪質改善

エルパライソで主に髪質改善として行っているヘアエステがこちらです。

髪は約80%がケラチンタンパクという成分でできています。

なので、ダメージによって流れ出てしまったケラチンを補充していくトリートメントです。

一度髪をアルカリ性に振り、キューティクルを開き髪内部にケラチンやコラーゲン、脂質などの栄養を補充して弱酸性に戻してキューティクルを閉じるという工程で行います。

還元剤が入っていないので、ダメージは一切ありません。

最初は持ちは1ヶ月ほどですが、繰り返す事により栄養が定着しドンドン持ちも良くなりキレイになっていきます!

どんな髪質の方にもオススメです!

ご自宅で出来るケア

どんなに美容室でキレイにしても、ご自宅でのケアが出来ていないと意味がありません。

1ヶ月に1回美容室に通ったとしても1年で12回、残り350日ケアをせずにいてはキレイな状態を保つのは正直難しいです。

そのため自宅でのケアが大事になります。

シャンプー&トリートメント

シャンプーは洗浄力の高すぎるものはNGです。

洗浄力が高いと必要な油分を取りすぎたり、キューティクルを剥がしてしまいます。

せっかく美容室でトリートメントをしても持続性か下がってしまいます。

市販のシャンプーは多くのものが洗浄力が強く作られているのであまりオススメはできません。

できればサロン用のシャンプーを使いましょう。

特にエルパライソで取り扱っているシャンプーは、美容液がたくさん含まれているので使う事に髪に栄養が補給されて、キレイになっていくのでオススメです!

魔法のシャンプー『oggiotto』を使ってみたい方必見!髪質に合った選び方を教えます!

トリートメントも、できればサロン用がオススメです!

内部補修してくれるトリートメントはつけたあとすぐに流さずしばらく置くことにより、更に浸透して効果がUpします!

流しが足りないとベタつきの原因になるので流しはしっかりしましょう。

更にお湯の温度やタオルドライにも気をつけましょう。

お湯は温度が高すぎると乾燥につながります。

38℃くらいのちょっとぬるいと感じるくらいがベストです。

タオルで髪を拭く際にはゴシゴシしすぎるのはNGです。

濡れた状態はダメージしやすくなっています。タオルの摩擦によりキューティクルが剥がれてしまいます。

タオルドライの際には頭皮をマッサージするように拭き、毛先もゴシゴシや引っ張ったりせずに握るように水分をとりましょう。

アウトバス(洗い流さないトリートメント)

ドライヤーで髪を乾かす前にはアウトバスをつけるようにしましょう!

ドライヤーによる過度な熱は、髪を固くしたり、乾燥に繋がります。

アウトバスをつけることによりドライヤーの熱から髪を守り、更に栄養も入ります!

美容師の私が愛用している『oggiotto(オッジィオット)アウトバス』の効果的な使い方をお教えします!

ドライ&ブラッシング

髪は濡れているとダメージしやすく、できるだけすぐに乾かしましょう!

しかし、過度なドライヤーはパサつきの原因になるので乾かし過ぎには注意して下さい。

根本から毛先に向かってドライヤーの風を当てるとキューティクルが閉じてツヤがでるのでオススメです!

このときできたらブラシを当てながらするとより効果がUPしますよ!

乾いたらキレイにブラッシングしてあげて下さい。

ブラッシングは髪全体の水分を均等にし、キューティクルをキレイに整える効果があります。

また、頭皮に刺激を与えて血行を良くする効果もあります。

しかし、やりすぎや髪の絡まりを無理に梳かすとダメージにつながるので気をつけましょう

まとめ

髪質改善はサロンにより種類も値段も様々です。

一言に髪質改善といっても実は繰り返すとダメージしてしまうメニューも残念ながら存在します。

ですので、髪を本当にキレイにしてくれるサロンを選ぶ事が大切です。

エルパライソでは特にダメージが少なく髪を根本からキレイにしていく事が可能なメニューを行っております。

ですので、髪にお悩みの方は安心して是非当店にお任せ下さい!