白髪が気になる方必見!白髪の原因と対策方法について!

こんにちは!エルパライソの三田村です☆

最近、白髪が増えてきたなぁ、、、

そんなお悩みを抱えている方も少なくないでしょう。

平均的に30代半ばで白髪が出てくると言われていますが、その原因は加齢やストレス、血行不良、睡眠不足、遺伝など様々です。

そこで今回は、白髪が生える原因とその対策についてご紹介します。是非参考にしてください。

そもそも白髪ができる原因とは?

先ほどお伝えした通り白髪の原因は様々ですが、原因を正しく理解するためには、まず髪色のメカニズムについて理解する必要があります。

髪色のメカニズム

髪の毛ですが、実はもともと白いものだとご存知でしたか??

私たちが持つ普通の髪の毛は、体外へと新しく生える途中に、白い髪の毛が成長した状態になり、メラニン色素の働きで黒く着色されます。

細胞は加齢とともに少しずつ衰えていくため、年齢を重ねるにつれて白髪が増えやすくなります。

一般的に平均すると35歳以降から白髪が増え始めるそうです。

メカニズムを理解したところで、早速原因について見てきましょう。

①加齢による色素細胞の低下

年齢とともにメラニン色素の働きが悪くなり、メラニンの生成が鈍くなって白い髪に色がつかなくなって、そのまま白髪の状態で伸びてきてしまうのが原因です。

加齢の原因は、成長ホルモンの減少です。

成長ホルモンは大人になっても分泌され続けるものの、その量は年齢と共に減少していきます。

分泌量のピークは20歳前。それ以降は一気に降下し、30代ですでにピークの3分の1ほどに減ってしまいます。

成長ホルモンは成長維持に必要な部分に優先的に使われるため、髪や肌にまでは成長ホルモンが回ってこなくなります。

そのため、年齢と共に白髪が増えていくのです。

②ストレス

白髪を根元からカットしてみて、白と黒が混じったしま模様になっている場合はストレスが原因です。

ストレスが頭皮に刺激を与え、メラニン色素の働きが弱ってしまいます。

ちなみに、円形脱毛症やフケの増加もストレスによる影響で、特に若白髪(10代・20代)の場合もストレスが原因であることを疑ってもよいでしょう。

ストレスが溜まると自律神経の乱れが起き、血行が悪くなり、頭皮から髪の毛へ十分な栄養が送られなくなってしまいます。

ストレスによる白髪が出やすい場所は人それぞれですが、こめかみ部分に白髪が目立つようになる方が多いようです。

③血行不良、栄養不足

近年では欧米化が進み、外食やコンビニ、スーパーのお惣菜など栄養の偏った食事やタバコの吸いすぎ、アルコール摂取などで栄養不足になり、血液もドロドロになってしまいます。

髪の毛は、毛細血管から毛乳頭という場所にしっかり血液が流れていてその血液に含まれている栄養素や酸素を吸収して、髪に栄養として行き渡ります。

なので、栄養を届ける血液が不足してメラニン色素が少なくなってしまうと髪の毛を育てていくことができなくなり、白髪になってしまうのです。

④睡眠不足

睡眠を十分に取らないと、先程お伝えした血液の流れが悪くなり、成長ホルモンがうまく分泌されなくなります。

睡眠不足が続くと白髪の原因になりやすいので、しっかりとした睡眠が大事です。

成長ホルモンは夜22時〜翌2時の間で活発に分泌されます。いわゆるゴールデンタイムですね。この成長ホルモンは特に抜け毛・白髪に影響しています。

色素を作る細胞が死滅してしまうので十分な睡眠を心がけましょう。

⑤遺伝

よく、親の遺伝で白髪が多いと言われますが、現在の医学では、白髪と遺伝を結びつける根拠は発見されていないそうです。

しかし、体内の『色素』に関しては遺伝すると言われています。親の肌の色が白や黒の場合、子供にも遺伝します。

髪の色も色素が関係しているので、白髪も遺伝の可能性はありそうですね。

原因が分かったら、白髪が生えないように対策・予防を!

ここまでお伝えした通り、白髪は私たちの食生活やタバコの吸いすぎ、アルコール摂取、睡眠不足、ストレスなどで血液の流れが悪くなったりすることが原因です。

なので、自分たちで白髪になりやすい体質を作ってしまっているということです。

お悩みの方も多いと思いますが、若白髪などもそうですね。

欧米化が進み、体に悪いもの、血液をドロドロにするものなどを好んで食べたりすると、10代・20代でも白髪になる確率は高くなります。

若い時に白髪にならなかったけど、30代・40代で急に白髪が増えるのは、若い時に摂取したものが蓄積されて、それが白髪へと変わっていくからです。

まずは、自分の健康管理や生活習慣を変えることをオススメします。

①食事管理のすゝめ

白髪が増える原因として最近では老化ではなく栄養不足が大きな原因です。

メラニン色素に栄養が行き渡らず、停滞してしまい、白髪の原因になります。

栄養は食事から得るものなので、毎日の食生活をバランスのよいものにしましょう。

過剰なダイエットや食生活が偏ったり、栄養バランスの悪い食生活を続けているとメラニン色素を作るときに必要な栄養素が足りず、白髪や若白髪になる場合もあります。

食生活の改善

バランスの取れた食事を心がけ、「五大栄養素」をしっかりとりましょう。

  • タンパク質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 食物繊維

納豆、豆腐、油揚げ、しらす干し、ワカメ、たけのこ、ひじきなどがオススメです

避けるべき食べ物

実は、糖分や炭水化物、甘い食べものなどは、髪の成長ホルモンの分泌を妨げ、血液の流れを悪くします。

  • お米
  • パン
  • チョコレート
  • 清涼飲料水

過剰摂取は白髪には天敵となります。

②髪を守るため、日常のケアをしっかりと

紫外線やストレスからのリスクを予防することが大事で、頭皮を正しい方法で守り、ケアして紫外線やストレスに負けない頭皮を作りましょう。

UV対策

髪・頭皮を紫外線から守るために、日傘や帽子、UVスプレーをすることをオススメします。

頭皮のマッサージ

最も白髪予防に効果があると言えるのが、頭皮のマッサージで頭皮の血行不良を改善して血液の流れを促進することです。

血流を良くすると、白髪予防の基礎となる健康的な頭皮と、丈夫で綺麗な髪が生えてきます。

エルパライソでは、ヘッドスパがとても大人気です。

もちろん、白髪予防にもなりますが、リフレッシュや日々の疲れを癒したりなど、定期的なヘッドスパをオススメします。

【対処法】白髪になってしまったら・・・

①美容室でのヘアカラー

一番オススメの対処法は美容室での白髪染めです。

時間がなく、自分でホームカラーで染めてしまう方もいますが、ムラになったり、染まっていないところもあると思うので、美容師さんに染めてもらうことをオススメします。

②ヘアマスカラ

ヘアマスカラは、1日だけ隠したい時にとても便利です。

シャンプーをしてしまえば全て流れ落ちてしまうので1日しか続きませんが、お出かけ前に目立つ白髪をさっと隠せたりするのでオススメです。

オススメしない白髪の対処法

『白髪を抜くと増えるの??』
と、お客様からよく質問を頂くのですが、、、

実は、直接白髪が増える原因ではないんです。

しかし、髪の毛は一つの毛穴から何本か生えているため、抜くことで毛細血管を傷つけてしまい、周りの髪の毛に悪い影響を与えてしまいます。

脱毛の原因となったり、頭皮の状態を悪くしてしまったりするので、白髪は基本的に抜かないことをオススメします。

まとめ

白髪になる年齢や量などは人それぞれ違いますが、日頃の日常生活などでも白髪を改善することはできるので、今日から意識を変えててみてはいかがでしょうか??

そして、白髪が伸びて目立つようになったら、自分で抜かずに美容室でカラーをすることをオススメします。