髪は顔の3倍も紫外線の影響を受ける!?美容師が紫外線ダメージのケア方法を教えます!

みなさんは”紫外線対策”をちゃんとしていますか?

なんと老化の原因の80%が紫外線と言われています。

紫外線がシミやシワの原因になっているのです。

では髪に紫外線を受けるとどのような影響があるのでしょうか。そして、どのようにケアをしていけばよいのでしょうか。

解説していきます!

紫外線とは

地球に到達する太陽光線のうち、波長が短く、エネルギーの高い光を指します。

紫外線はUV-A波、UV-B波、UV-C波の3種類に分けられそのうち、UVA、UVB波が地球に届いています。

太陽から降り注ぐ紫外線量は、1年を通して同じではありません。

特に5月~9月頃までは紫外線量が多い日が続き、時間帯だと午前10時頃~午後3時頃が1番紫外線量が多いとされています。

また、天気の変化によっても紫外線量は大きく変動します。

晴、薄曇、曇、雨お天気が変化するにつれ、快晴の場合と比べて紫外線量は減少していきます。

しかし、雲があるからとって安心はできません。

薄曇でも90%近くの紫外線が地上に降り注いでいます。

晴れの日はもちろん、薄曇の日でも紫外線対策をしっかりしましょう。

UVA

UVAは雨でも曇りでも地上まで届き、窓ガラスや雲を経過して皮膚の奥深くまで届きます。

UVBに比べると約20倍も地上に届く力があると言われています。

力があるので肌の奥深くまで届きますが、じわじわと浸透していくので気づかないうちにコラーゲン組織や肌の細胞を傷つけられ、健康被害の原因となります。

UVB

UVBは皮膚の表面に届き、皮膚や眼に有害です。

肌の奥深くまでは届きませんが、肌を焼く力はしっかりあり日焼けの後に赤くなるのは、UVBの影響です。

水ぶくれができたり、皮膚がんやシミの原因になったり、免疫機能を低下させてしまいます。

紫外線が髪に与える影響

お肌も、紫外線などが原因で日焼けしますよね?

それと同じで、髪の毛も紫外線が原因で日焼けしてしまいます。

1番日焼けしやすい箇所が髪の毛です。なぜなら身体の中で1番太陽に近い位置にあるからです。

そして、顔に比べて3倍の紫外線量の影響をうけているんです。

身体で最も日焼けしやすいのは頭皮と髪の毛になりますね。

ほかにも紫外線を浴び続けるとどうなってしまうのかを解説していきいます。

キューティクルが開いてしまう

キューティクルは、髪の1番外側を覆ってる膜のことです。

紫外線の影響でキューティクルがめくれたり、はがれてしまい、本来ならキューティクルは閉じているのですが、紫外線のダメージを受けるとバラバラと開いてしまいます。

そのため、髪の中のタンパク質や保湿する成分が流れ出て、髪の水分や栄養がなくなってしまいます。

それにより、髪の毛が乾燥したり、柔軟性性がなくなり、引っ張っただけで髪の毛が切れたり、毛先にに枝毛ができやすくなります。

乾燥してしまった髪は弾力を保てなくなるので、ブラッシングやヘアドライヤー、ヘアアイロンなどの外的刺激から髪を守れず切れ毛となってしまいます。

また、パサつきの原因ともなっており、夏に髪の表面だけパサパサしてるのは、紫外線の影響でもあるんです。

カラーの色持ちが悪くなる

紫外線には、髪内部のメラニンを分解する力があります。

メラニンというのは、髪の色を作る色素のことなのですが、メラニンが紫外線によって分解されてしまうと、髪の色が徐々に抜けて、赤みを帯びた色に変色します。

また、カラーリングをしている髪は、カラーリングしていない髪に比べてメラニン色素が少ないため、より紫外線の影響を受けやすい状態になっているので、注意が必要です。

紫外線対策

UVスプレー

髪の毛にも塗布できるスプレータイプの日焼け止めがあります。

お肌だけじゃなく、髪の毛にもスプレーをまんべんなくふり、日焼け止め対策をとりましょう!

ベタつきが少なくヘアスタイルを、崩さずキープできます。

また、肌と同じように、持ち歩いて2~3時間おきにつけなおすと、紫外線防御効果を保てます。

汗をかいたり、タオルで拭いたあともスプレーのつけ直しを徹底しましょう!

洗い流さないトリートメント

お風呂上がりに化粧水を付けるのと同様、髪の毛にも洗い流さないトリートメントでしっかりと栄養補給してあげましょう。

キューティクルが剥がれないように保護しておく事は大事なことです!

髪の毛の内部に栄養を入れていき、ケアしていきましょう。

当店でも、洗い流さないトリートメントもあるので

ぜひ、使ってみてください!

【髪がパサつく人必見!】アウトバストリートメントでまとまりのある【ツヤ髪】をGETしよう!

日傘で防御

帽子は被りたくないけど、紫外線から守りたい…。そんな時は日傘で防御しましょう!

ただし、日傘を使う際に気を付けてほしいポイントがあります。

日傘を使うときに持ち手の棒の部分を肩に当たるように斜めに使っていませんか?

斜めに使っていると、後ろ部分は紫外線を防げても顔やフェイスラインなどは壁やガラスなどに反射した紫外線がどんどんあたってしまいます。

地面に対して真っ直ぐ持つこと、そして日傘を頭の近くにさすことで反射した紫外線もしっかり防ぐことができます!

遮光100%なら紫外線の心配は軽減されます。

まとめ

紫外線は肌だけでなく髪の毛にもかなりのダメージを与えてきます。

外出の際はUVスプレーや日傘などでしっかりと紫外線対策。

そして毎日のケアには洗い流さないトリートメントで栄養補給!

正しい紫外線対策をして、髪の毛を美しく保ちましょう!