【パーソナルカラー】自分に似合う色でもっと素敵に!

自分に似合う色が分からない。この色にしたいけれど自分に似合うのか。とお悩みの方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、自分に似合う色、パーソナルカラーをご紹介していきます。

パーソナルカラーとは

パーソナルカラーはその人に似合う色のことです。

単に好きな色似合う色ではなく、その人自身の生まれ持った色(髪や肌、瞳など)と調和した色のことを言います。

パーソナルカラーのメリット

自分に似合う色を身につけることにより、透明感が出て美白に見えたり、肌にハリがでる、健康的に見えるなどプラスの印象を与えることができます。

逆に同じ色でも似合ない色を身につけると肌がくすんで見える、地味、暗い、存在感がないなどのマイナスの印象になってまいます。

つまりパーソナルカラーを知り身につけることで、よりその人の個性を引出し魅力的に見せることができるのです!

パーソナルカラーの分類

パーソナルカラーはまず、ブルーが多く含まれるブルーアンダートーン、イエローが多く含まれるイエローアンダートーンにわけることができます。

更にここから(Spring春)(Summer夏)(Autumn秋)(Winter冬)と4シーズンのグループに分別されています。

この分類は、パーソナルカラーを季節のイメージになぞって4つのグループに分けて考えたものです。

自分の当てはまる季節の色の特徴があなたに似合う色ということになります。

パーソナルカラー簡易診断

次にあなたのパーソナルカラーを調べてみましょう!

次の6つの質問A、B、C、Dから当てはまるものをお選び下さい。

肌の色

A:明るい黄味がかった血色のいい色
B:明るく青味がかったピンク色
C:赤味のない黄味がかったマットな色
D:青白く赤味のない色

目の色
A:明るい茶色
B:ソフトな黒、茶色
C:濃い茶色系
D:黒色

髪の色
A:明るい茶色
B:ソフトな黒色
C:深い茶色
D:黒色

頬の色
A:黄味がかったピンク
B:ソフトなピンク
C:黄味がかった赤
D:紫味のおびたピンク
唇の色
A:柔らかく黄味がかったピンク
B:柔からみのあるピンク
C:くすんだ橙色、黄味のあるピンク
D:青ざめた深みのあるピンク
全体的印象

A:明るい·キュート·カラフル
B:ソフト·エレガント·繊細
C:シック·都会的·知的
D:個性的·シャープ·クール

Aが多かった方は春Spring、Bが多かった方は夏Summer、Cが多かった方は秋Autumn、Dが多かった方は冬Winterがあなたに当てはまるシーズンになります。

各シーズン別特徴

4つのグループにはそれぞれ与える印象が異なります。

Spring春の特徴

・キュートな印象になるカラフルな色

暖色系、明るめ、カラフルという色の特徴があります。

Springが似合う方は[いきいきした血色が出て、顔が明るく見え、ハリや艶のある肌に見える]効果があります。

Springが似合わない方は[顔が不自然に黄ばみ、膨張して、肌にテカりがある]という効果がもたらされます。

Summer夏の特徴

・エレガントな印象になる涼しげな色

寒色系、明るめ、ソフトという色の特徴があります。

Summerが似合う方は[色がきれいに白く、明るく、なめらかな肌に見える]という効果があります。

Summerが似合わない方は[顔が青白くぼんやりとし、弱々しくて印象が薄く見える]という効果がもたらされます。

Autumn秋の特徴

・ゴージャスな印象になる重みのある色

暖色系、おもみがあり、暗め、複雑という色の特徴があります。

Autumnが似合う方は[顔の血色がよく、輪郭がスッキリと引き締まっで、なめらかな肌に見える]という効果があります。

Autumnが似合わない方は[顔が黄ばんだり、色素沈着などが目立ったりして地味な印象になり、老けて]見えるという効果がもたらされます。

Winter冬の特徴

・かっこいい印象になるクリアな色

寒色系、明るさのコントラスト、クリアという特徴があります。

Winterが似合う方は[色が白く、輪郭は引き締まり、つややかな肌に見える]という効果があります。

Winterが似合わない方は[顔が青白く、硬く、派手だけど冷たそうな印象に見える]という効果がもたらされます。

パーソナルカラーを取り入れて目指せ好印象

パーソナルカラーはヘアカラーだけではなくファッションやメイクなどにも取り入れることでより一層魅力を惹き立てることができます。

是非パーソナルカラーを取り入れてみてください!