【初めてのメイク】初心者でも簡単にできるナチュラルベースメイクのやり方!

メイクデビューしたい!可愛くなりたい!イメージを変えてみたい!いつもと違うメイクをしてみたい!でも、どうやっていいかわからない、、、

そんなお悩みを持つメイク初心者さんでも簡単にできるメイク方法、まずはナチュラルベースメイクをメイクのプロが教えます!

ナチュラルベースメイクとは

肌本来の美しさを生かした自然な仕上りのメイクです。

メイク方法としていろいろなメイクの仕方がありますが、よりナチュラルでその人本来の美しさをメイクで表現し、男女問わずに好感の高いメイクです。

清潔感があり、誰からも愛されるメイク法ですよ!

ナチュラルメイクの手順

メイクが初めてだと何をすれば良いかわからないですよね。

まずは、ナチュラルメイクに必要な基本をお伝えします。

  • ベースメイク
  • 眉毛メイク
  • アイメイク
  • ポイントメイク

大きく分けると4つにわけることができます。

ポイントメイクとは、チークやリップを使ったメイクのことを指します。

これは一通りの流れなので、まだまだ応用編になると道具やテクニックなどが増えてきますので、それは後々お伝えしていきます。

まずは今回は基本的なベースメイクについて学んでいきましょう!!

ベースメイクに必要な道具

初めから高い化粧品などを使用しなくても、プチプラコスメ(安い価格の化粧品)でも十分対応できます。

  1. 化粧水
  2. 乳液
  3. メイク下地
  4. リキッドファンデーション
  5. コンシーラー
  6. フェイスパウダー

初心者向けベースメイクのやり方

初めてだとファンデーションをどのくらい塗って良いか分からず、ついつい厚塗りになって厚化粧になってしまいがちですね。

ナチュラルメイクのポイントは隠したいところはコンシーラーなどでピンポイントにつけて、そのほかは顔の中央部をメインに薄く塗るだけです。

生え際やフェイスラインまでしっかり塗るというよりも顔の中心からうっすら広げていくイメージです!

そして、メイクをする上で重要なのはベースメイクです。

ベースがしっかりできていないと、メイク崩れの原因や肌荒れの原因になります。

そうならないように正しい知識と順番を覚えてメイクをしていきましょう!!

①まずは化粧水で保湿

化粧水とは・・・

洗顔後の乾燥した肌に水分補給をして、保湿させる役割。

しっとり保湿タイプの化粧水や、過剰な皮脂分泌をコントロールしたり、肌をひきしめキメを整えて化粧崩れを防ぐ収れんタイプ(引き締め効果)の化粧水など目的によって合わせた様々なタイプがあります。

まず洗顔後に化粧水を塗ります。

ベースメイクに入る前にきちんと基礎化粧品で肌を整えましょう。

保湿をすることで日中のメイク崩れを防止することができます。

コットンに化粧水を含ませて塗るのも◎

②続いて乳液で蓋をする

乳液とは・・・

乳液は、ほとんどが水分でできている化粧水とは違い、20〜30%の油分を含んでいます。

そして、乳液自体にも潤いを与える効果があるので『お肌に潤いを与える+蓋をして乾燥を防ぐ』という2つの効果を持っています。

③メイク下地を塗る

メイク下地とは・・・

肌表面とファンデーションを密着させる役割。

ファンデーションの付きが良くなり、肌の表面の凸凹を整え、コーティングします。

また、紫外線や乾燥から肌を守る役割を果たすものもあります。

下地を塗らないと肌荒れの原因になってしまうので、しっかり塗りましょう!

ベースメイクをする上でメイク下地は必須です!

10円玉くらいのサイズを目安に出しましょう。

おでこ・鼻の上・口の下・頬に塗り、スポンジでポンポンとおしながら肌になじませていきます。

④リキッドファンデーションを塗る

リキッドファンデーションとは・・・

肌の凸凹をなめらかにし、きめ細かく美しい肌にみせ、外敵からの刺激や乾燥などから肌を保護します。また、肌を健康的に見せたり、立体的に見せたりします。

(ファンデーションにもいろいろ種類がありますが、今回はナチュラルベースに仕上げるため、リキッドファンデーションを使用します。)

顔の中心部に薄く塗り、スポンジなどでのばしていきます。

このとき、顔全体にはリキッドファンデーションを塗らないように注意しましょう!

なぜなら、全体に塗ってしまうと厚化粧の原因になってしまいます!

スポンジの細かい動かし方

自然なグラデーションをつくるために、外側にいくにつれて薄く伸ばしていきましょう!

最後はファンデーションがついていないスポンジ部分でぼかしていくと、自然なグラデーションができます。


ファンデーションの選び方

ファンデーションの色を選ぶにあたって、注意すべきは自分の肌よりも「不自然にならない」こと。

2〜3色のファンデーションをフェイスラインに対し垂直にのばし、首の色と違和感のない自然な色を選びましょう!!

ファンデーションを選ぶ時の注意点

  • 首の色より明るすぎる色を選んでしまうと、白く浮き出てしまい顔が大きく膨張してしまします。
  • 首の色より暗すぎる色を選んでしまうと、透明感がなくなり顔色が沈んで見えてしまいます。

⑤隠したい所をコンシーラーでピンポイントにカバーする

コンシーラーとは・・・

シミ、そばかす、ニキビ跡、目の下のクマなど気になる部分をカバーするもの。

ファンデーションでは隠しきれない肌の悩みに使用することで、部分的にカバーして肌の色を整えることができます。

コンシーラーを気になる、シミやクマなどにトントンと置くようなイメージでなじませます。

⑥最後にフェイスパウダーで表面を整える

フェイスパウダーとは・・・

フェイスパウダーをのせることで、ファンデーションをより定着させ、化粧崩れを防ぎます。

また、目的によって沿った質感や肌色に仕上げます。

フェイスパウダーをブラシに少量とり、粉をよく含ませたらTゾーンやフェイスライン・目の下・小鼻の周りなどに軽くのせます。

最後に、まぶた・眉・小鼻をパフで抑えて余分な粉をオフします。

これで完成です☆

まとめ

ベースメイクはいろいろなアイテムがありますが、たくさん塗り重ねすぎるとメイク崩れしやすくなってしまうので、基本薄塗りで大丈夫です。

薄く塗ることでよりナチュラルな仕上がりになるので、とってもオススメなメイク方法です。

簡単ナチュラルベースメイク!是非明日から試してみてくださいね☆