ヘアマニキュアとヘアカラーの違いを徹底解説!

カラーといわれて思い浮かぶのは一般的にヘアカラーだと思います。

ヘアマニキュアの名前は知っているけどよく分からない、普通のヘアカラーと何が違うの?という人も多いのではないでしょうか。

なので今回はヘアマニキュアとヘアカラーの違いについて解説していきます!

ヘアカラーとは

アルカリヘアカラーは医薬部外品に分類され、その中でも酸化染毛剤と言われています。

ヘアカラーは髪内部に薬剤が浸透し髪の脱色、染毛を同時におこなっています。

ヘアカラーのメリット

髪内部まで浸透して発色しているので、カラーの色持ちがよく、脱色作用により髪を明るくすることが可能です。

また色持ちもマニキュアと比較するとよくなっています。

ヘアカラーのデメリット

薬剤のアルカリが反応して、頭皮に滲みてピリピリする可能性があります。また、ジアミンという染料によりアレルギー反応を引き起こす可能性もあります。

内部で薬剤が反応することにより髪のダメージも少なからずあります。

色持ち

色持ちは髪内部から発色しているので比較的長持ちします。

約 2 か月退色までの間をたのしむことができます。

ヘアカラーがオススメの方

ヘアカラーは基本的に皆さんにオススメです!

発色がよく、明るい髪にも暗い髪にもすることができ、様々な要望にお応えすることができます。

ヘアマニキュアとは

ヘアマニキュアは化粧品に分類されています。

ヘアマニキュアは髪の表面だけをコーティングして色をつけます。

ヘアマニキュアのメリット

ヘアマニキュアは頭皮に直接塗布しないので、滲みたりかぶれたりすることはほぼありません。

さらに髪の表面をコーティングしているのでダメージがなく、艶がでます!

ヘアマニキュアのデメリット

髪の内部から染めているわけではないので、シャンプーすることで徐々に剥がれていってしまいます。なので色持ちはよくありません。

また、ブリーチ力はないので黒髪から明るい色にすることはできません。

マニキュアは固いたんぱく質を染めるつくりでできているので、髪と同じ様に頭皮や肌につくとなかなかおちにくいです。

色持ち

髪表面についたマニキュアが徐々に剥がれていき薄くなっていきます。

3~4週間ほどで退色が目立ちはじめます。

ヘアマニキュアがおすすめの方

ヘアカラーでトラブルがあった方

ヘアカラーでアレルギーなど起こった方は今後ヘアカラーを避けたほうがいいでしょう。

ヘアマニキュアは化粧品に分類されており、頭皮には直接つけないので、ヘアカラーでトラブルがあった方でも安心して染めることができます。

髪のダメージが気になる方

黒髪から色味を出すのは難しいですが、元々髪が明るい方なら色味が出やすいです。

また、ブリーチ後に使用することによりビビットな色味を表現できます。

白髪染めにはどっちがいいの?

白髪染めは基本的にはヘアカラーをオススメします。マニキュアと比べしっかり染まり色持ちがよいです!

しかし、過去に頭皮トラブルがあった方はマニキュアで染めることをオススメします。ヘアカラーにはアレルギーや痛みなどを引き起こす可能性のある成分が含まれているので避けたほうがよいでしょう。

また、明るくしなくてもいい、ダメージが気になる、といった方にもマニキュアはオススメです。

まとめ

ヘアカラーとヘアマニキュアそれぞれに良いところがあります!

発色よく髪を明るくしたい方にはヘアカラー、過去に頭皮トラブルがあった方やツヤのある髪にしたい方はヘアマニキュアがおすすめです。

うまく使い分けて理想の髪色をてにいれましょう!!