【白髪の方必見!】白髪染めでもオシャレで明るい色が楽しめちゃう?!

最近では見た目と実年齢が比例せず、キレイな40代・50代の方が増えてきています。

俗に言う美魔女ですね。

髪型で1番年齢を感じさせてしまうのが『白髪』です!キレイを保つためにはやはり白髪をしっかり染めたいところですね。

ところが、みなさんの思う白髪染めとは、

  • 黒い
  • 重たい
  • 髪色が暗いと老けて見られる
  • 色の種類がない
  • デザイン性があまり無い
  • もっとカラーデザインを楽しみたい

と言ったようなイメージをされる方が多いです。

なので、最近チラホラ白髪が生え始めてきた方は、白髪染めに抵抗があってなかなか白髪染めに踏み出す勇気が出ず、でもカラーはしたいけどどうして良いかわからないといったような方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、暗すぎない・オシャレで明るく白髪染めを楽しめちゃう方法をお伝えしていきます。

白髪染めとは??

「白髪染め」というと特別な響きに聞こえますが、実は普通のヘアカラーも白髪染めもヘアカラーの一種です。

主な成分は一緒ですが、違うのは配合バランスです。

黒髪や茶髪・白髪それぞれの特徴や髪の明るさに合わせて綺麗に染まるように配合されています。

根元が白髪の写真
染め上がりの写真

従来の白髪染め

みなさんが思う白髪染めは、白髪をしっかり染めるために暗く重たいイメージになる。

そして白髪染めをしてしまうと明るくできないというイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか。

まさしく白髪染めはみなさんが思った通りです。ただ単に白髪を染めたいという方はそれでも良いのかもしれないですが、ファッションカラー感覚でオシャレも楽しみたいという方には物足りないと思います。

オシャレ白髪染めを楽しむためには??

オシャレ白髪染めを楽しむにはいくつか種類があります。

根元は白髪染め・毛先はファッションカラー

根元の白髪をしっかり染めたい方にオススメです。

根元はしっかり白髪染めで白髪をカバーすると毛先より少し暗くなります。

そして、毛先はファッションカラーで明るくするので根元が暗く・毛先が明るいといった状態になります。

このグラデーション(根元が暗く・毛先が明るい)が気にならない方にはオススメです。

白髪染めに明るめのファッションカラーを混ぜて染める

先ほどのグラデーションではなく、根元も毛先も同じような色が良いと思う方にオススメです。

白髪染め+ファッションカラーを混ぜ合わせることで毛先に近いカラーをつくることができます。

ただしデメリットとして、ほんの少しファッションカラーを混ぜるので多少白髪が染まらずに浮いてしまうこともあります。

白髪が目立ち始めたら、髪にハイライトを入れる

毛先を明るくしてオシャレを楽しみたい方にオススメです。

白髪が目立ってきたら、細かいハイライトを毛先に入れます。

ハイライトを入れるとどうなるか→例えばで、全体を濃いブラウンにして明るめのハイライトを入れておくと髪が伸びてきても白髪が目立ちにくくなります。

白髪が見えてきてもブラウンのグラデーションになじんで目立ちにくくなり、適度に髪に明るさがのこるので、髪色でオシャレを楽しみたい方にはオススメです!!

まとめ

上手に薬剤を使い分けすれば、白髪染めであってもオシャレにカラーを楽しむことは可能です!!

単色塗りでいつも真っ黒になっていたあなたの髪もこれでオシャレを楽しむことができます!!

そしてこれは大前提に美容師さんのカラーテクニックがあってこそのカラーになるので、1度美容室でカウンセリングを受けて、自分のなりたい髪色を楽しんでみませんか??