みなさまこんにちは。
今回は男性の方必見の記事になりますが…

「男性はトリートメントしない方が良いんですか??」
とよく聞かれます。

男性の方で経験したことがある方もいるかもしれませんが、メンズのセットってパサパサしてたりキシキシしていたりダメージがあった方がセットしやすいと感じたことはないでしょうか?

稀にそのように感じることがあると思います。

確かにダメージがあった方がwaxで髪を立たせやすく、短髪だと立たせて立体的に見せた方が見栄えが良くなりますよね。

しかし、お風呂上がりに髪が引っかかったりパサパサしているのはさすがに嫌だと感じる男性も多いはず。

そんな時に力を貸してくれるのがトリートメントになります。

ということは・・トリートメントってやはり必要!?

必要なケース

トリートメントとはそもそも髪の毛と髪の毛の摩擦を抑え、ひっかかりやむだかりを無くすために使います。

髪の毛が引っかかって抜ける感じがしたり、パサパサしすぎて束感が出ずセットがしずらい場合、トリートメントを使用して潤いを与えてあげるとよりセットしやすくなります。

参考プロが教える!正しいトリートメントの方法とおすすめのトリートメント

必要ではないケース

すごく短髪の方で髪の毛に付けようと思うと地肌についてしまう場合、トリートメントは髪の毛には必要な成分が沢山入っていますが、頭皮につけるとよろしくない成分ばかりです。
※頭皮用トリートメントと書いてある場合違います

また、トリートメントではなくリンスやコンディショナーをご使用の場合、頭皮につかないようにと髪の毛だけに付けようとしても、流したりしている間に頭皮に付いたり、頭皮ではなく身体の皮膚についてしまうことがあります。

リンスやコンディショナーは頭皮の皮膚に悪いだけでなく、身体に悪い物が入っていることが多いです。

身体のどの部分の皮膚に付いても身体の中に侵入してきてしまうので流している間に付いたものでも身体に良いとは言えません。

話題のシリコンはどうなの?現在シリコンが凄く懸念されていますが、シリコンが全て身体に悪いのでは無く、リンスやコンディショナーに含まれる他の成分が身体に良くありません。

トリートメントも同様にシリコンは入っていますが美容室専売のトリートメントであれば大体のものは流している時に付いてしまったぐらいで、頭皮や身体に悪影響ではありません。


引用:https://ja.wikipedia.org/

総合的に結論を出しますと、髪の毛が10センチ以上ある場合リンスやコンディショナーではなくトリートメントであれば髪の毛だけに付けるように付けた方がいいです。

そして、今シャンプーだけで終わってしまうとキシキシしたり引っかかって気になっているのであれば、シャンプーを美容室専売の物にして引っかかりが無くなればトリートメントは必要ありません。

oggiottoを使えばトリートメント要らず!

エルパライソオススメのシャンプーoggi ottoであれば男性の方はトリートメントを使う必要がなくなります。

シャンプーだけでサラサラでセットのしやすい髪に近ずけてくれる魔法のシャンプーです。

凄く長髪でそれでも引っかかりが気になる方はマスクタイプのトリートメントをおすすめします。